腕にしびれを起こす疾患

腕のしびれの原因はひとつではありません

  1. 手根管症候群・足根管症候群ですが、これは首の神経が圧迫さておこるので、「絞扼性神経障害(こうやくせいしんけいしょうがい)」といい、しだいに足にも起るかのうせいがあります。

  2. 脳梗塞・脳出血ですが、この場倍は脳の血流に異常が発生しておりますから、口などのしびれも手伝い、ろれつが回らないなどの症状も出ますから、しびれの感覚が少し異なるので、自分の手ではないような鈍い感覚が特徴になります。

  3. 胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)を疑って見ることも考えられますが、鎖骨の胸郭出口の隙間の部分が何らかの原因で狭くなっていると考えられ、血管や神経を圧迫して、手や腕がしびれが起こりますのが原因と考えられます。

  4. ギランバレー症候群ですが、これはしびれて手足に力が入らなくなるもので、原因は風邪などの感染後に起こることが多く、最悪の場合には、起き上がれなくなることもありますし、手足のしびればかりでなく、顔の筋肉が動かなかったり、食べ物が飲みこめない場合もあります。

  5. このように、しびれには神経性・血管性・ホルモン分泌・心因性などが考えられ、しびれが起きる前段階では、何らかの痛みがありますので、「そのうちに治る」と軽く考えないで、専門医の診察を受けることです。

    現代は糖尿も疑って見るのが常識になっている

    しびれの原因は神経(中枢神経と末梢神経)に関係しますが、中枢神経は脳と脊髄に、末梢神経は脊髄から出る脳脊髄神経と自律神経に分かていますので、しびれの原因は脳と脊髄と脳脊髄神経である場合が殆どです。

    その中で「糖尿病としびれ」の関連性ですが、血糖値が高くなりことで、末梢神経(=手足)からしびれを引き起こす場合があります。

    発症し症状が進むに従い感覚が鈍くなっいき、放っておくと末梢神経のしびれの他に、顔面麻痺・排泄障害・筋肉萎縮などの症状を併発する場合もありますので、前兆が出たら身体の危険信号と考え、糖尿も疑ってみることです。

コメントを残す




Menu

HOME

 TOP