痛みなら大丈夫だけどしびれはダメって本当?

もっとも怖いのは体の半身に生じるしびれ

医学的には、しびれは

  1. 「異常感覚」
  2. 「感覚鈍麻」
  3. 「運動麻痺」
  4. を含めたものをいいますが、一過性のしびれであれば、少し時間とともに消えるのですが、もっとも注意しなければならないのは、体の半身の手や足、顔などがしびれる片麻痺です。

    何故、しびれが痛みよりも怖いかですが、しびれは、脳梗塞や脳出血などの脳卒中を発症させ、脳の血流が途絶えているのではと疑って見る必要があるからなのです。

    その場合は、ただちに脳の血流を回復させないと脳の神経細胞が死滅しますから、結果として、半身不随や麻痺といった後遺症を招く恐れがあるからなのです。

    最初は軽いしびれから始まり、後から後悔といったことにならないよう、適切な対応が求められるのですが、しびれは大体大きく分けると

    1. )脳に原因がある場合
    2. )脊髄に原因がある場合
    3. )末梢神経に原因がある場合

    と3つあり、これが一般的な判断とされております。

    まず疑うべき3つの原因によるシビレ

    1. 脳に原因がある場合、脳の血流妨害や血管が破れる脳卒中を疑って見る必要がありますが、特徴としては、体の左右どちらか片方に症状が見られる場合が多く、これらの症状が出たら、迷わず医者に急行することです。
    2. 特に突然、発症したしびれは脳卒中の可能性が大ですし、首から上の顔面、頬のしびれは、脳以外の原因はまず考えられませんので、緊急事態発生と考えて間違いありません。

    3. 原因が脊髄にある場合は、脊柱管狭窄症や変形性脊椎症が考えられます。
    4. 脊柱管のなかには脊髄があり、脊髄からは脊髄神経が枝分かれ、それぞれ間から左右1対ずつ合計31対の脊髄神経が全身に延びていますので、この脊柱管が狭くなると、神経などを圧迫してしびれや痛みになるのですが、最悪の場合には、脱力感などが生じて歩行不能となる場合があります。

    5. 原因が末梢神経にある場合は、整形外な要因の他に、糖尿病や膠原病などの全身疾患を疑って見る必要があります。
    6. 末梢神経に原因があるしびれで、一番考えられるのは、手根管症候群とされるもので、手根管が狭くなり、正中神経が圧迫されることから、手のひらや指がしびれるのが特徴になります。

コメントを残す




Menu

HOME

 TOP